しらこばと訪問看護ステーション
ホーム > しらこばと訪問看護ステーション

しらこばと訪問看護ステーション

しらこばと訪問看護ステーションは高齢、病気や障害を持った方や小児、在宅での看取りも実践しています。癌ターミナルや精神疾患など困難の多いケースも医療・福祉・介護と連携して支えます。望む場所でその方らしく生活を送れるように支援しています。


現在看護師数は10名です。(言語聴覚士1名 ケアマネージャー3名含む)利用者さんを支えるには、事務スタッフ、ケアマネ(介護福祉士)によるサポートも欠かせません。また、それぞれの個性を活かし、働きやすい職場づくりに努めています。一人の利用者さんに対してもチームで相談できるようにこころがけています。勤続7年以上の明るく思いやりのある看護師が約7割となり、ステーションは活気にあふれています。

サービスの内容

健康状態の観察

  • 血圧、体温、呼吸、脈拍、酸素飽和度等の測定
  • 症状の観察と助言
  • 栄養・食事状態の観察
  • 皮膚状態の観察
  • 排便・排尿状態の観察

日常生活の看護

  • 健康状態の観察・疾病予防・悪化予防の支援
  • 栄養・食事に関するケア
  • 排泄のケア(浣腸・摘便等)
  • 清潔のケア(清拭・入浴介助・シャンプー等)
  • フットケア(足浴・爪切り等)
  • 口腔ケア
  • 療養環境の整備
  • 療養生活相談・指導

医療的処置・管理

  • カテーテル類の管理(IVH・ポート管理、尿バルンカテーテル管理等)
  • 服薬管理
  • 床ずれ予防処置、創傷の処置
  • 医療機器の管理(HOT、腹膜還流、呼吸器等)
  • その他医師の指示による処置など(点滴等)

リハビリテーション

  • 日常生活動作の訓練
  • 関節拘縮の予防・訓練
  • 上下肢筋力運動・歩行訓練
  • 呼吸リハビリテーション
  • 言語リハビリテーション
  • 福祉用具選定・住宅改修などに関する助言

認知症・精神疾患のある方の看護

小児の看護と介護相談

ターミナルケア(自宅での看取り援助)

介護者の支援

社会資源等の紹介

24時間緊急連絡体制あり

利用いただくための要件について

訪問看護を利用する時は以下の要件が必要です。

介護保険での場合

  • かかりつけ医が、訪問看護を必要として「訪問看護指示書」を発行した方。
  • 要支援または要介護認定を受けた方
  • ケアマネージャーに相談の上、訪問看護の利用を決定した場合。

医療保険での場合

  • かかりつけ医が訪問看護を受けることを了解し、「訪問看護指示書」を発行した場合、年齢制限はありません

お申し込み方法

お電話でご相談ください

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ